コンテンツ

洗濯機の排水管 水漏れの原因と水道修理のポイント

洗濯機は生活場面で使う電化製品の一つですが、経年劣化などで排水管 水漏れが起こる場合があります。洗濯機の接続は、ホースや蛇口など複数使用しています。水道修理をする際、部品交換はもちろん場合によっては機器自体を買替することもあります。

■排水管 水漏れが起こる原因と対策

ホースなど接続に必要な部品が、洗濯機にはあります。耐用年数は概ね10年から15年となっていて、それ以上使用している機器の場合は経年劣化が原因となって、水漏れなどのトラブルが起こりやすくなります。
自分で処置をすることも問題ありません。特に洗濯機の交換となれば相応の費用が掛かりますから、負担軽減を図ることに繋がります。
洗濯機には、糸くずフィルターなど異物が排水管に流れてしまうのを防ぐ設備もあります。ただし、ごみをとるなどの手入れをしておかなれば、排水管 水漏れに繋がりかねません。蓄積される分、衛生面にも良くないうえ水道使用料も増えてしまうため注意が必要です。
洗濯パンを設置すると、洗濯機と床の間にスペースを確保することができます。排水が扱いやすくなっているため、水漏れや修理を防ぐことも可能です。賃貸物件に住んでいる場合は、騒音対策にも繋がります。

■地震が起きた場合は定期点検が必要

生活場面で地震が起きることで、排水管 水漏れの原因へと繋がりかねません。洗濯機も例外ではなく、揺れに伴い排水管が歪んでしまったり、損傷が起きている場合があります。特に、地震による揺れは水流の負荷が少なからず外部からかかっている状態です。数年間で複数回地震を経験をしている場合は、水道業者に一度メンテナンスの相談をしてください。排水管 水漏れ等の確認をしてもらうことで安心安全な使用に繋がります。
また、地震が起きた場合自分でできる確認作業があります。全ての水道管を止めたうえで、水道メーターの確認をすると良いでしょう。作動をしている場合は、排水管 水漏れが発生している可能性が高いです。放置してしまうと、家屋や機器のトラブルが生じて修理が必要になります。

■まとめ
経年劣化や手入れを怠ったことに伴う洗濯機からの水漏れの症状もありますが、地震による外部からのダメージを受けることでもトラブルは起こりかねません。特に地震を複数回受けていると、部品のずれや外傷が発生している可能性があります。自分で可能な範囲で確認することも必要ですが、水道修理業者にメンテナンスを依頼することで細かな所まで確認をしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ