コンテンツ

浴室の排水管 水漏れの原因と水道修理のポイント

浴室も、水漏れが起こり得る箇所の一つです。蛇口やシャワーのような、普段から使用するものだけでなく、給湯器などの機器によるトラブルによって生じる場合もあります。給湯器が原因であれば、危険を伴うため水道修理業者への依頼が必須となります。

■浴室の排水管 水漏れについて

浴室の場合、使用頻度が高く、長年使用することでパッキンなど各部品の劣化は生じます。シャワーのホースやパイプの破損によっても、排水管 水漏れが起きる場合があります。接続部分のゴムパッキンやナットも、劣化に伴い症状が表れやすくなります。
部品の定期的な締め直しなど、メンテナンスをすることでも排水管 水漏れを防ぐことができます。シャワーヘッドの手入れを行うことも、残留水を放出することができるため、予防法の一つです。
ホームセンターでも部品は揃いますが、サイズが合わない場合やメーカーが生産停止となっていることもあります。その場合は、水道修理業者や取り扱っているメーカーに相談をしたうえで、適切な処置を受けると良いでしょう。

■給湯器の配管が原因の場合

給湯器は、ガスを使用している機器が多く、交換や修理は資格を持っていないと対応できない場合もあります。
また、設置場所によっても水道修理の仕方が異なります。屋外の場合は、特に天候の影響を受けていたり、概ね機器の劣化や不具合によって、症状が表れてしまいます。給湯器内部のトラブルであれば構造が複雑なため、自分で修理することは困難です。
屋内に設置している状態であれば、浴槽や蛇口などに接続されていますから厄介です。そのうえ、各接続部分の緩みによっても水漏れが起きる可能性が高まります。
浴室の蛇口交換やパッキンの調整など、簡単な作業であれば自分で処置をすることも問題ありません。一方、機器内部の以上であれば相応の知識と技術を伴います。水道修理業者やメーカーに相談すると良いでしょう。
また、給湯器の寿命は概ね15年以内となっています。年数が経っている場合は、修理を行っても新たなトラブルが起きる可能性もあるため、機器の買い替えも一つの方法となります。

■まとめ
浴室で発生する水漏れは、シャワーホースや蛇口などの部品の劣化も原因の一つです。自分で定期メンテナンスや水道修理を行うことも可能です。一方、給湯器のような複雑な構造をした機器の場合、ホームセンターで部品が揃わないこともあります。早めに水道修理業者など専門の所に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ