コンテンツ

蛇口からの排水管 水漏れの原因と水道修理のポイント

日常で使用する蛇口の種類は、概ね2種類あります。シングルレバータイプと、混合レバータイプです。排水管 水漏れが起きた場合、それぞれに原因だけでなく、水道修理のポイントも異なります。

■シングルレバータイプの場合

シングルレバータイプの蛇口の寿命は、10年以上となっています。排水管 水漏れが起きやすい場所としてレバー下があります。この部分は、排水管 水漏れに繋がりやすくなります。バルブの交換をする場合は、元栓を閉めます。そのうえでハンドルを外しますが、正面にキャップをつけます。次に、精密ドライバーのような細いものを用いて引っかけてから外す作業を行います。中にネジがあれば緩めますが、プラスドライバーと六角式があります。2回転程で外すことが可能です。バルブカードリッジを使用している場合は、交換をすることで改善されます。作業を行うにあたり、品番や種類を確認しておくとずれが生じることがありません。
水道を流している際に排水管 水漏れが起きてしまい、水道代金の高騰や二次被害に繋がりかねません。各場所で使用している場合でも、放置してしまうと少なからず影響を与えてしまいます。それぞれ工具と部品があれば自分で処置をすることが可能ですが、難しい場合は必要以上に作業をすることはやめて業者に依頼しましょう。

■ハンドル混合レバータイプの場合

ハンドル混合レバータイプでは、排水管 水漏れが起きやすい箇所がいくつかあります。
モンキーレンチがあれば、ナットの緩みを確認することが可能です。上手に水道修理やメンテナンスを行うと、30年以上使用することもできます。しかし、使っていると水漏れなどの症状が出てしまいますが、必要ならばパッキンの交換となるでしょう。
その方法ですが、時計回りに回して止水栓を閉めますが、ハンドルやマイナスドライバータイプ同じです。次にハンドルを精密ドライバーなどで外します。ネジでないタイプは爪固定となっていますが、外す際引っ張ります。次に、モンキーレンチを使ってバルブを外します。コマをとり、部品を装着すると作業は完了です。難しいと感じた場合は、元栓を閉めて専門業者に修理の依頼をすると良いでしょう。

■まとめ
蛇口にはタイプがあり、それに合わせて排水管 水漏れの原因や水道修理の方法は少なからず異なります。モンキーレンチなど専用の工具があれば、部品交換は可能です。一方、部品交換を自分ですることが難しい場合は、水道修理業者に依頼をすると適切にしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ